しゃらの日記

wa-風大好き、しゃらの日記です.

完成した木彫りの作品(08.12.17)

完成していた木彫りに、まとめて色を塗りました。
二つのお棗と、プレゼントにする手鏡二つです。

レリーフも作成中ですが、プレゼントを先にしたので、そちらの完成は来年です。
木を削るのは、すごく気持ちがよくて、ストレス開放にぴったりです。
あっ、もともと、あまりストレスはないほうかな?(o^^o)ふふっ♪






  • 2008.12.24 Wednesday
  • 15:47

面白かった、和田 竜さんの「のぼうの城{

最近読んで面白かったのが、和田竜さんの「のぼうの城」です。

領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれる、領主・成田家一門の成田長親が、石田光成の水攻めと戦って、城を守り抜く話ですが、とにかく出てくる人物が、個性的。
漫画とか、映画の活劇のようなのを見ている感じで生き生きと描かれ、面白かった・・・・

ちょうど、真保裕一さんの「覇王の番人」を読んだところだったので、同じような時代で、よけい興味深かったのかな?

「のぼうの城」を読んだあと、タイトルを思い出さないのだけど、(藤原伊織さんの本かな?)小さな島にとらわれた武士の一団が、島から逃げ出すというのがあったが、ちょっとそれを思い出しました。痛快活劇といった感じが・・・

ほかでは、東野圭吾さんの、「流星の絆」も最近の東野さんの本の中では、一番面白かったように・・・・。

次は、どんな本に出会うかしら?・・

  • 2008.12.16 Tuesday
  • 19:02

すばらしかった、錦秋の洛北ウオーク(08.11.23)

紅葉真っ盛りの京都洛北へ。
京福電鉄の一条下り松からスタート。
金福寺・詩仙堂・圓光寺・曼殊院・赤山禅院などなど、どこも目を見張るばかりのすばらしい紅葉で、大勢の観光客も、息をのみ、「マー」「わ〜」と感嘆詞ばかりが聞こえてきました。

なかなか、すばらしい紅葉の時ぴったりに、訪れられないものですが、今年は、本当にぴったりのときでした。
当分、忘れられないすばらしさでした。







  • 2008.12.16 Tuesday
  • 18:21

Go to top of page

カレンダー

<< December 2008 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031